ズートピア 観賞後の印象

ネタバレあり。

今日、近所の映画館でズートピアを観た。
ざっくりとした感想を列記する。

・映画を見た後の気分は大体ベイマックスと同じであった。よくできている、けどなんか食い足りない感じがする、けど基本的に子供が観るものだからけちをつけるのも違う気がする。
・といいつつけちをつけるんだが、全編を通して無駄がなくテンポよく話がすすむのは良いがテンポがよすぎて心に残る物がない。大人数で試行錯誤を繰り返して洗練された製品を作っているので、「これは全然要らないシーンなんだけど、監督の個人的なこだわりで残しました」みたいなところがない。
・本当はもっと後味の悪い話になる物を、しれっと子供向けだしねってことでハッピーエンドにしているような印象も受けた。
・ディズニー、ピクサーが脚本を練りに練って映画を作っているというのは宣伝などでも喧伝されているが、それは「いかに観客を楽しませるか」にフォーカスしていて、観客受けより優先する作り手のメッセージとか、テーマとか、そんな高尚なものでなくても「俺はうけるかうけないかは別にしてとにかくこういう作品が作りたいんだ」という意志が感じられない。(ベイマックスおよびズートピアにおいて)いや、そういうものを優先した結果大失敗するリスクは大きいので優先しないのは賢い判断なんだが。でも、そーいう部分の方が観た後に心に残るんじゃないのかなと言う気がする。

・あともうひとつ個人的に気に入らない点なんたけど、親の扱いがいまいち。ウサギの親はまるっきり馬鹿だし(最後まで子供と分かり合ってないし)、キツネの親もボーイスカウトの服を買った後は親子の関係がどうなっていったのか、今どうなのかは全く描かれず。つまりそれは色々とキツネの設定を取捨選択していった結果親については語る必要なしと判断したんだろうけども、結局キツネ含めた各キャラクターは、製作陣が取捨選択した結果の「物語にとって最も合理的な存在」であって、その場その場の役割を果たしているにすぎない存在なのかなーという薄っぺらさがある。
・ベイマックスやズートピアにおいて活用された「ディズニーのすごい作品造りの方法論」も将来的には頭打ちというか、ある種の限界を迎えそうな予感がする。観客があきるんじゃないか。「何を観ても見終わった後の気分が一緒だなあ」ってことで。
・だからって日本のアニメがディズニーを超えるんだとかって言いたいわけでは全然ないわけだが。
・ただズートピアで泣くことはなかったけどドラえもんのび太の日本誕生は、ちょっと涙腺が揺るんだ。もちろんこれは個人的な思い入れの問題なんだが。あれリメイクだしな。
・俺にとっては今のディズニーって、とりあえずクオリティは保証されていてハズレはないけど、個人的に気にくわないところがあるかもしれないという位置づけだ(子供は喜ぶし、俺も観てつまらないわけじゃないからどうせ観るんだが)。